包茎手術でコンプレックスを一発解消【さまざまな施術方法を選択】

MENU

皮被りが気になるなら

男性

跡が残らない手術が可能

男性の下半身のコンプレックスとしてメジャーな包茎は、主に三つの種類があって、カントンと真性と仮性と呼ばれています。カントンと真性は手術が推奨されているため、排尿や男性機能に問題があるのなら、診察を受けたほうが無難です。手で剥けば簡単に亀頭が露出するタイプの仮性は、問題をもたらすことはないので、無理に手術する必要はないです。もちろん、皮が被った状態が嫌な方もいるでしょうから、仮性であっても手術を受けたいならドクターに診察を受けましょう。そして、包茎手術の方法もいろいろあるのですが、大きく分けるなら、跡が残るものと残らないものといえます。銭湯や温泉に行くと分かりますが、ハッキリとした線があり、明らかに包茎を治したと分かる男性もいます。もしも、見た目で分かるようになりたくないのなら、跡が残らない包茎手術を受けなければいけません。なお、跡が残らないを包茎手術を受けたい場合は、メンズクリニックを活用するとよいです。男性器の見た目を整えてくれる専門の医療施設なら、そこで提供される手術はすべて跡が残らない方法だといっても過言ではありません。メンズクリニックは、それを商売にしている医療施設なので、きれいな見た目を提供してくれるのは当然のことです。ただし、ドクターによって技術力が異なるため、これまでの症例を見せてもらいましょう。診察やカウンセリングのときに写真で見せてもらえば、実際の包茎手術の仕上がりを自分の目で確認できます。

Copyright© 2018 包茎手術でコンプレックスを一発解消【さまざまな施術方法を選択】 All Rights Reserved.